レディー

我が子をキッズモデルに|オーディションに受かるには

専門学校で学ぶ

マイク

将来ボーカルとして生きていこうというのであれば、インディーズ、もしくはどこかの芸能事務所に入ることになります。前者の場合はなにか仕事をしながらでも続けることができるのでバンドは趣味や副業に分類されます。しかし、ボーカル一本で行こうというのであれば、芸能事務所にオーディションで受からなければなりません。そんなオーディションや基本的な技術の習得に役立つのが、音楽の専門学校です。専門学校には様々な分類があり、ボーカルやギターやドラム、サックスなどの学科があります。そして、学科ごとに基本的な技術や応用技術を学び、スキルアップを狙うことができます。専門学校ではコーチの指導を受けることができるため、独学で練習するよりもより効率的な練習が行えます。さらに、有名なミュージシャンの講演や授業をうけることもできるので、よりモチベーションを上げていくことができます。また、コネクションが作れるというのも専門学校の特徴です。色んな人と仲良くなることで音楽関係にパイプができ、バンドのメンバーに紹介されたり、オーディションに有利になる可能性もあります。また、他の学科の人達とバンドを組んでデビューを狙うこともできます。
そして、専門学校によっては専門学校や一部でしか開示していないオーディション情報を入手することも可能です。そのため、ボーカルデビューするには専門学校は独学よりもだいぶ有利な状況で始めることができるのです。もちろん、技術が最も大事なので練習は怠らないようにしましょう。